Webサイトを全面リニューアルいたしました。これからもホクラミをよろしくお願い申し上げます。 ごあいさつ

入稿の際の注意

お客様がホクラミへデータ入稿する際にいくつかの注意点があります。
スムーズかつ高品質な製作の流れを保つため、以下をご参考ください。

目次

データ制作 Illustratorの場合

バージョン

最新版の「Illustrator」を保持しております。安心してお持ち込みください。PDF入稿にも対応しております。

アウトライン

データ内の文字は原則的にアウトラインを取ってください。
アウトラインは データ上の文字をすべて選択、メニューから「書式or文字→アウトラインを作成」で作成できます。
すべての文字がアウトラインになっているかの確認はIllustratorのメニューから「書式or文字→フォント検索」でご確認ください。

アウトライン

画像の配置

画像データがある場合は基本的にEPSファイルで「配置」してください。
画像データをPhotoshopなどの画像加工ソフトでEPSデータに変換。Illustratorのメニューから「ファイル→配置」でEPSデータの画像を「配置」してください。
配置の際は「リンク」にチェックが入っていることをご確認ください。
画像データは埋め込まないでください。
配置したEPSファイルはデータと同じフォルダ内に入れ、入れ忘れ・リンク切れが無いかご確認ください。

入稿サイズ

データはプリントするサイズと同じ、もしくは縦横比率が同じものを作成してください。

カットライン・トンボ

「トンボ」もしくはカットするライン(四角)をつけてください。
トンボはカットするラインを選択し、「効果→トリムマーク」で作成できます。
絵柄 はカットラインのギリギリではなく、塗りたし(フカシ)を最低3mmとってください。
プリント・断裁は1mm程度のズレが生じます。断ち落とし(カットする部分)より3~5mmには文字やラインを入れないでください。文字が切れたり、見栄えが悪くなります。

トンボ
トンボ

データ制作 Illustrator以外の場合

Illustrator以外の入稿も柔軟に対応させていただきます。
お客様の作りたいもの、表現したいものを製作できればと思います。
製作途中のデータを送っていただいても構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。

データ制作 変形デザインの場合

基本事項

変形カッティングデータ制作の際の注意
  • アプリケーションソフトはIllustratorのみです。
  • 印刷データにはデザインとカットライン(仕上り線)が必要です。
  • カットラインはパス(線)で制作してください。
  • 加工の都合上、カットラインに1mm弱前後のズレが生じてしまいます。下記をご了承ください。
  • 下地に色のあるデータを作成する場合(背景が白ではない場合)、塗り足し部分が必要となります。塗り足し部分はカットラインより3mm程度余分に広げてください。
  • 文字等の重要な部分はカットラインから3mm以上近づけないようご注意ください。
  • 印刷物お持ち込み+カットデータ別途という形でも承っております。
背景的な要素であれば問題無いです。

カットライン近くに文章などが入っていると、加工の際に切れてしまう可能性がありますし、カットライン付近まで情報があるとデザイン的にも見栄えが悪くなります。

仕様

  • 最大用紙サイズ:600×840mm
  • 最大カットサイズ:580×820mm
  • 用紙の厚さ : 四六判で135kg以上(用紙のみをカットする場合)

データ入稿

お持ち込み

データをホクラミに直接お持ち込みの場合、ホクラミで取り扱える保存メディアはCD、MO、FD、スマートメディア、HD他、各種に対応しております。OSはWindows、Macともに対応しております。

メールでのデータ受け渡し

メール添付でのデータ受け取りも行っております。こちらは最大10MBまでのデータが送付可能です。

ファイル転送サービスのご利用

大容量データの場合はファイル転送サービスをおすすめいたします。
ファイル転送サービスで表示されたデータのダウンロードアドレスをメールにて、ファイル内容とともにお教えください。

>GigaFile(ギガファイル)便(外部リンク)
>firestorage(外部リンク)
>データ便(外部リンク)

可変データの入稿方法

連続番号・可変データ(バリアブル)

社員証や通し番号付きのチケットなどの様に背景などの枠組みが同じで製作物のテキスト、画像の一部が変わる様な「可変データ」を入稿する際に当たっての基本的な注意点があります。

可変とならない部分

上記「データ制作、Illustratorの注意 」にある通り、通常通りの入稿方法でデータ支給してください。

可変部分

氏名、番号等はMicrosoft Office Excelで支給してください。
写真等の画像データは埋め込まず、リンク配置してください。
確認のため、仕上り(配置済)の印刷物、またはPDFファイルをお送りください。

目次
閉じる